当店の得意商品は「布団丸洗い」・「しみ抜き」・「カシミア製品」の3つです!

家庭用洗剤は2種類だけ


●中性洗剤

●弱アルカリ性洗剤

実は、一般家庭用として販売されている洗剤は、この2種類しか存在しません。

異論がある方は、どうぞ裏のラベルで確認してください。必ずどちらかの表示になっているはずです。

「私の洗剤はそこらでは売ってない、特別な取り寄せ品なのよ!」と言う方(実在します)も、冷静になってラベルを見てください。

いかがでしたか?

スーパーの特売の洗剤も、こだわりのメーカー直販製品の洗剤も、大きく分けてこの2種類だけです。

確認された方は、以下で2種類の洗剤の違いを説明しています。特に興味のない方は、これから先は読む必要はありません。他のもっと面白いサイトをご覧ください。

2種類の洗剤の違い【家庭用】



①弱アルカリ性洗剤

「アタック」や「アリエール」が代表的な製品です。洗濯用の「石鹸」もここに含まれます。

一般的には・粉末・蛍光剤添加・そして液性が「弱アルカリ性」です。

②中性洗剤

「エマール」「アクロン」などが代表的な製品です。「ハイベックス」などもここに含まれます。

一般的には・液体・蛍光剤無添加・もちろん液性は「中性」です。

アタックにしろ、石鹸にしろ、粉末・液体・両方が販売されています。

大切な事は「自分が使っている洗剤の液性を知る」ということです。さらに両方を使い分けることができると、衣類をもっとキレイに長持ちさせることができます。

洗浄力は中性よりも弱アルカリ洗剤の方が優れています。でもだからといって、全ての衣類をアルカリ洗剤で洗うことは好ましくありません。大切なのは基本を知った上での「使い分け」です。基本を知りたい方はクリーニング豆知識の9と10で解説しています。ぜひご覧ください。もし基本から知るなんて面倒くさいという方がいらしたら、当サイトではお役にたてません。悪しからず。

当店で使用している業務用洗剤


当店では水洗いの洗剤は現在5種類を使い分けています。

5種類の使い分けは、かなり専門的な話になるので割愛しますが、一部の例外を除けば「中性洗剤」「アルカリ洗剤」のどちらかになります。

そのなかで、もう20年近く使用している「中性洗剤」があります。特性を説明します。

●業務用中性洗剤

●蛍光剤無添加

●香料無添加

●液体

●天然パーム油原料

当店ではウールもシルクもカシミアも毛布も、水洗いが必要な繊維は全てこれを使用しています。もちろん繊維に応じた助剤(洗剤の役割を補うもの)は併用しており、ここは水洗いにチカラを入れている当店の専門の領域です。ご家庭で使用される場合は、柔軟剤は必要ないと思います。天然パーム油の効果で繊維がふっくらとなります。毛布等でお試しいただくと違いが判ると思います。

業務用洗剤、小売り販売しています


上記の中性洗剤を、当店の会員様にサンプル配布したところ、一部の会員様から好評をいただきました。洗剤の販売は当初考えていなかったのですが、ご要望があるならとスタートした次第です。

当店の仕入れは一斗缶(18ℓ)ですが、500mℓを400円で小分け販売しております。ただし、容器の在庫は置いていませんので、各自ペットボトル等の空き容器をお持ちください。その場で充填してお渡しいたします。

無料です!

シミヌキなどの料金お見積り

家庭洗濯・洗剤の選び方・その他お手入れについてのアドバイス

Designed by CSS.Design Sample