当店は「カシミア製品」・「布団丸洗い」・「しみ抜き」の3つを得意にしています

① 誰もが悩む汗ジミ


昨年クリーニングに出した夏物のワンピース。タンスから出してみたら脇が黄ばんでいた(泣)。

残念ながら、これは誰もが一度は経験することです。

もし洗わずに収納したのなら、それは自分の責任ですが、クリーニングに出してこれなら泣くに泣けませんね。

当店でも本当によくこの手の相談はあります。特にベージュ等の淡い色は汗の黄ばみが余計に目立ちます。では一体なぜこういう事態になるのでしょうか?

②汗ってどういう汚れ?


汚れは大まかに4つの種類があります。さて、汗汚れはどれに該当するでしょうか?

●水溶性の汚れ(水に溶ける)

●油性の汚れ(油に溶ける)

●科学的汚れ(ある種の薬品に溶ける)

●不溶性の汚れ(水・油・薬品・いずれにも溶けない)


答えはもちろん「水溶性の汚れ」です。簡単でしたね。水溶性の汚れは、他にはアルコール等の飲み物が代表的な例です。

水溶性の汚れである以上は、「水洗い」をすれば汗の成分は落ちます。これも簡単すぎる理屈ですね。簡単なことのはずなのですが・・・・??

③ドライクリーニングという問題


このシリーズを読まれた方はもうお分かりですね。ドライクリーニングでは、汗等の水溶性汚れはほぼ落ちません。

でも貴女の大切なワンピースをドライクリーニングするか、水洗いするか。それは業者が判断します。

汗をかいたワンピース⇒業者がドライクリーニング⇒翌シーズンに黄ばむ。こうして悲劇は起こるのです・笑

問題は大きく2つあります。

●業者の技術不足:水洗いは型崩れ・縮み・色移り等の問題を抱えます。なので技術的に不安のある業者が、ドライクリーニングを好むのはある程度はやむを得ないことです。

●お客様の伝達不足:「この服は汗をたくさんかいたので」と一言添えてみてください。心ある業者なら必ず「では水洗いしましょうか?」と帰ってくるはずです。大切なのは「いつごろ・どういう汚れがついたか」をきちんと伝えることです。それはお客様にしか分からない情報です。それによって我々業者も必要な処置が違ってくるのです。

当店でのお手入れ方法

ワンピースを例にとって説明します。

●ポリエステル等の場合:特に指示が無くても、ほぼ100%水洗いです。別料金はいただいていません。

●綿の場合:なるべく水洗いを心がけています。プリーツやデザイン次第でドライクリーニングもします。

●ウール・シルクの場合:シルエットを保つために基本的にはドライクリーニングです。水洗いは特殊な技術と手間を必要とします。この場合クリーニング料金の50%増しです。


無料です!

シミヌキや法人様の料金お見積り

家庭洗濯・洗剤の選び方・その他お手入れについてのプロのアドバイス

Designed by CSS.Design Sample