当店は「カシミア製品」・「布団丸洗い」・「しみ抜き」の3つを得意としています

革・毛皮・ムートン・革バッグを洗う


革製品の衣類

手袋~コート、スエード~銀面まで

ちょっとハードな感じのハーフコートや、女性らしい柔らかさのスエードのスカート。

買う時はちょっと勇気がいるのですが、正しい手入れさえ行えば一生使えるアイテムですね。ただ、革の特性上どうしてもカビが生えやすいのも事実です。

カビというのは「湿度・暗さ・栄養」の3つが揃うと発生します。①汚れはすぐに拭き取る(栄養を与えない)②タンスの奥などに入れっぱなしにしない(湿度の籠らない通気のある場所に置く・ビニール袋での保管は論外!)③雨の日には着用を避ける。これが最低限気を付けることです。覚えておいて欲しいのは「革製品は生きて呼吸している」と言うことです。呼吸を妨げることは避けてください。

もしクリーニングが必要な事態になったら、当店でご相談ください。革や汚れの種類に応じて、水洗い/ドライクリーニングにて丸洗いします。

毛皮の衣類


若い女性に人気のラビットのボレロ。コートの襟やダウンジャケットのフードについているアライグマやウサギ等のファー。または高価なミンクのコート。

着用後は面倒ですがブラッシングすることで、ホコリ等の汚れを取り除き、毛の艶を保つことができます。

毛皮は毛が抜け落ちるのを防ぐため、水洗いはできません。ドライクリーニングによる丸洗いです。また乾燥機の熱もNGなので自然乾燥になり、仕上がりまで2~3週間お時間をいただきます。


ムートンの衣類や敷物


ムートンとは「羊の毛皮付きの革」ですが、ムートンで作られた衣類の代表といえば、何と言っても「アビレックス社のB-3」ですね!あれは本当にカッコイイ。

ただムートンの衣類は、着用次第で革がひび割れたり、色が褪せてきます。その際はご相談ください。

ムートンの衣類はドライクリーニング、敷物やシーツは水洗いです。

革の財布やバッグ


財布やバッグというものは、衣類のように「汚れたら洗う」と言うことを前提には作られていません。

ですが、取っ手が手垢で黒ずんだり、飲み物がこぼれたり、バッグの中の化粧品がもれたり・・・様々な汚れ方をするのも事実です。

バッグや財布のクリーニングは①完全手作業・②素材やデザインが全て異なる、この理由で定価というのが設定できません。当店にお持ちいただいてからの見積もりになります。ちなみにヴィトンのモノグラムシリーズは何度も手掛けていますが、水洗いでかなりきれいになります。お困りの方は一度ご相談ください。


革製品のお手入れ料金

◎革手袋・・・・・・・・・・・2000円

◎スタジアムジャンバー・・・・3600円

◎革パンツ・スカート・・・・・3600円

◎革ブルゾン・ジャケット・・・5250円

◎革ハーフコート・・・・・・・6300円

◎コートの襟などの部分毛皮・・1080円

◎毛皮のハーフコート・・・・・7350円~

◎ムートンの敷物(1m×1m)・2500円

◎ムートンのシーツ(シングル)・5250円

無料です!

シミヌキや法人様の料金お見積り

家庭洗濯・洗剤の選び方・その他お手入れについてのプロのアドバイス

Designed by CSS.Design Sample