当店は「カシミア製品」・「布団丸洗い」・「しみ抜き」の3つを得意にしています

①よくある色移り


白いシャツと赤いTシャツを一緒に洗ったら、白シャツがピンクに染まった(泣)。

これは誰もが一度は経験することです。もちろん私も一人暮らしをしていた時、しっかりと経験しました。これを専門用語で「移染」と言います。

これは特に夏場によく発生します。なぜなら夏場は水道水の温度が上がるからです。そう、「色」も「汚れ」も温度が高いと落ちやすいのです。このことはぜひ覚えておいてください。

②色移りしたら?


移ってしまったものは悔やんでもしかたありません。

自己流でない、適切で合理的な対処をすれば大方解決できます。


でもここで皆さんがやってしまいがちなのは「漂白剤を入れて洗う」です。お気持ちはよくわかります。でも残念ながら「アウト」です。

ここでクイズです

●ブルージーンズを漂白したらホワイトジーンズができる

●喪服の黒ネクタイを漂白して、結婚式用の白いネクタイにしたい

できると思いますか?もちろんできません。好奇心旺盛の方は実験してみてください(私はやったことあります)

これでわかるように

●ピンクに染まったシャツを、漂白で白シャツに戻す

これは「できない」が正解です。汚れやシミは漂白剤を適切に使えば有効です。でも「移染」を漂白剤で解決するのは、一般家庭ではあきらめてください。と言うか絶対にやってはいけません。


当店での「移染」の除去


これには専用の洗剤を使います。市販はされていません。

具体的な方法は企業秘密ですが、これで移染の7~8割は落ちます。費用は「クリーニング料金+1000円~」になります。

1000円というのシャツ類の場合です。ジャケットなどは別途見積もりをだします。

大事なことは「自己流の処置をしない」ということです。自分で漂白などをした後に持ってこられると、解決の確率は確実に下がります。移染したら自分でいじらずスグに当店へお持ちください。「豆知識」を読んでいただくとわかりますが、当店では「家庭での適切な洗濯知識」の提供を大切にしています。でも「家庭でできること」と「専門店でしかできないこと」は全く別です。それがプロということです。そして「移染」はプロの領域です。



無料です!

シミヌキや法人様の料金お見積り

家庭洗濯・洗剤の選び方・その他お手入れについてのプロのアドバイス

Designed by CSS.Design Sample