当店は「カシミア製品」・「布団丸洗い」・「しみ抜き」の3つを得意としています

まずは「カシミア」って何の毛??


皆さんお気に入りのカシミアのニット。あるいはコート。

スベスベとした、しっとり感が気持ちがいいですね。身に纏うだけで、幸せな気持ちになれます。何より軽くて暖かです。でも、これがどんな動物の毛か・・・ご存知ですか?

カシミアとは、インドの「カシミール地方」に生息している「カシミアヤギ」から採った毛です。

一頭から採れる毛の量が、わずか150~250gと非常に限られており、セーター1枚を作るのに、なんとヤギ4頭分の毛を必要とします。驚きですね~

毛が細く、密度が高いが軽く、それゆえに暖かく、上品な光沢もあり、肌触りが良いので人気があります。

生産量の少なさと、人気の高さゆえに高価で、「繊維の宝石」とも呼ばれています。

品質は毛の細さ、白さ、長さが基準となるそうです。細いほどしなやかな光沢がでて、肌ざわりも柔らかくなります。


カシミア製品を洗う


●通常の洗い方と問題点


ほとんどのクリーニング店ではカシミアは”ドライクリーニング”で洗います。

ドライだと「縮み」「型崩れ」等のトラブルを避けることができ、油性の汚れはかなりの割合で落とせます。

ただし、汗やアルコールなどの水溶性の汚れはほとんど落ちません。これは残念ながら、ドライクリーニングでは解決できないことです。誤解を恐れずに言えば、カシミアをドライクリーニングするのは「無難」な洗い方と言っていいかもしれません。

では汗などの汚れが残った状態が続くと、どういう問題が起こるのでしょうか?

①翌シーズンになって「黄ばみ」という形で現れることがあります。特にクリーム色・水色・ピンクなどの薄い色のニットでは、脇の汗ジミは目立ちます。

一度汗ジミが発生すると、もとに戻すのは結構やっかいな作業になります。もちろん作業料金(しみ抜き)も安くはありません

②徐々に肌触りが悪く(ガサガサ感など)なります。新品当時のスベスベ感は徐々に失われてきます。


あなたのお気に入りのカシミアセーター。肌触りは今でも新品と変わりませんか?襟や脇に変色は見あたりませんか?


●当店の洗い方は


カシミアのニットは「特殊な水洗い」で処置しています。

もちろん普通に水洗いをすると、「縮み」「型崩れ」「色褪せ」等の様々な問題が生じます。

そこで、いかにこれらの問題を起こさずに、水で安全に洗うか。それがクリーニング店の「技術」なのです。

当店では、アパレルメーカー向けに作られた「中性洗剤」と、羊毛から抽出した「スレ防止剤」で洗っています。仕上げは特殊な「シリコン柔軟剤」(これが高い!!)。

それ以上は企業秘密です。

この洗い方で、縮みも型崩れもなく、カシミア本来のスベスベの仕上がりに生まれ変わります。

名付けて「快楽のカシミアセータ」。素肌で着たくなる程、気持ちいいんです!ご自身の手と肌で実感してください。当店のイチオシです。

カシミア製品のお手入れ料金


●カシミアニット(セーター・カーディガン)は800円。基本的に全て水洗いをします。

必要に応じてドライクリーニング+水洗い、の”ダブルクリーニング”も行います。

●カシミアのジャケット・コート等の上着類。これは基本的にはドライクリーニングです。カビ・臭い・肌触りの劣化等でお困りの場合は、『水洗い』をご所望ください。水洗いの御代はクリーニング料金のの倍額です。裏地や付属品の関係で、水洗いができない製品もあります。受付でご確認ください。

●カシミア製品はビニール包装でなく、通気性のある「不織布」に入れてお渡ししています。ご安心ください。



◎カシミアニット:840円

◎カシミアジャケット:1365円

◎カシミアハーフコート:2000円

◎カシミアコート:2500円

◎カシミア毛布(シングル):2300円

   

無料です!

シミヌキや法人様の料金お見積り

家庭洗濯・洗剤の選び方・その他お手入れについてのプロのアドバイス

Designed by CSS.Design Sample